ジュエルアップの成分から見る副作用や健康被害とは?

ジュエルアップ,成分,副作用,健康被害

ジュエルアップにはどんな成分が入っているのか気になっていませんか?

ジュエルアップには副作用や健康被害の噂がありますが、真相はどうなっているのでしょうか。

 

そこで、この記事ではジュエルアップの成分や副作用・健康被害があるのかについてお伝えしていきます。

 

↓ジュエルアップ公式サイトはこちら↓

ジュエルアップの成分とは?

ジュエルアップは普通のバストアップサプリとは異なり、体のリズムを整える成分が含まれています。

ジュエルアップに含まれている効果的な成分は以下のものとなります。

  • ブラックコホシュ
  • ワイルドヤム
  • セイヨウカノコソウエキス
  • ブラックジンジャー
  • 醗酵ウコン
  • 亜麻仁油

それぞれがどういった成分となっているのか、チェックしていきましょう。

 

ブラックコホシュ

ブラックコホシュとは、北アメリカで主に使われているハーブとなっています。

主に更年期障害やバストアップに効果的として知られています。

 

なぜ効果があるのかというと、ブラックコホシュにはエストロゲンという女性ホルモンと似た働きをする、植物性エストロゲンが入っているのです。

エストロゲンは女性らしい体を形成するために必要なものとなっており、体に取り入れることでバストアップしやすくなります。

 

また、ブラックコホシュにはアダプトゲン作用があります。

女性ホルモンの分泌量を調整してくれる作用のことで、女性ホルモンの分泌量が少ない場合は、増やしてくれて、逆に多い場合は抑制してくれます。

なので、バストアップサプリによくある女性ホルモンの過剰分泌を防ぐことができます。

 

ワイルドヤム

ワイルドヤムとは、つる科の植物で日本でいう山芋に近いです。

ワイルドヤムは貴重な植物で、日本で栽培がされていません。

 

ワイルドヤムは多くのバストアップサプリに含まれている成分となっており、ジオスゲニンが主成分となっています。

ジオスゲニンは摂取することで、プロゲステロンという女性ホルモンの生成を促します。

 

プロゲステロンは妊娠時にたくさん分泌されるホルモンで、赤ちゃんを育てる体になるためにしてくれます。

つまり、プロゲステロンが増えると、赤ちゃんを育てるためにバストが自然と大きくなってくれるのです。

さらに乳腺の発達も促してくれるのです。

 

セイヨウカノコソウエキス

セイヨウカノコソウの成分を凝縮したエキスがジュエルアップには含まれています。

セイヨウカノコソウとはヨーロッパ原産のハーブで、古代ヨーロッパ時代から睡眠導入のために活用されているほど、歴史と効果があるハーブとなっています。

 

また、睡眠導入効果だけでなく、睡眠の質を高める成分まであると言われています。

睡眠の質が高まればバストアップに必要な女性ホルモンをしっかりと分泌できるので、バストアップ成功確率が高まります。

 

ちなみに、セイヨウカノコソウは一部の国で医薬品として取り扱われているほど、睡眠導入の効果が高くなっています。

 

ブラックジンジャー

国内では、沖縄のみで栽培されているブラックジンジャー。

ブラックジンジャーはアルギニンを多く含んでおり、新しい体を作るために欠かせない分となっています。

そのほか、血管を拡張させる成分もしっかりと含まれています。

 

血管が広がれば血流の流れが良くなるので、バストアップ成分が胸に行き届きやすくなります。

これが非常に大切なことで、バストアップサプリを飲んでも効果が出ない人の多くが、バストアップサプリを飲んでも、成分が胸に届いていないことが挙げられますが、それを防いでくれます。

 

醗酵ウコン

その名の通り、ウコンを醗酵した植物。

醗酵させることで、有効成分が多くなったり体への吸収率が高まるなど、メリットばかりとなっています。

 

醗酵ウコンは、体に蓄積されている老廃物を排出する効果が高いと言われています。

老廃物が排出されることで体にバストアップ成分が吸収されやすくなるので、体に栄養を補給しつつバストアップを手助けしてくれるのです。

 

亜麻仁油

美容やダイエットに効果的と言われている亜麻仁油。

亜麻仁油は血液の流れをスムーズにしてくれるなどの効果が期待できますが、もちろんバストアップにも有効なのです。

 

亜麻仁油にはエストロゲンの働きを活性化させるリグナンと呼ばれる成分が含まれています。

亜麻仁油はダイエット効果が期待できるので、『太りたくないけどはバストアップしたい!』という女性にはぴったりなのです。

 

それだけでなく、バストアップには油が必要なのです。

というのも、バストの90%以上が脂肪細胞で構成されていて、脂肪細胞の元になるのは脂質です。

 

油には脂質がたくさん含まれているため、摂取しないとバストが大きくなることはできません。

油の中でも、質が高くて健康効果があると言われているのが亜麻仁油となります。

 

↓ジュエルアップ公式サイトはこちら↓

ジュエルアップの成分に副作用を引き起こすものはある?

ジュエルアップに含まれている成分を確認してもらいましたが、全て天然由来の成分となっているので、基本的には副作用の心配をする必要はありません。

しかし、使われている成分がしっかりとしているがために、その成分が持っている二次作用が起こってしまう可能性があります。

 

中でも、セイヨウカノコソウを摂取することで眠気が起こる可能性があります。

そのため、大事な会議の前や運転をする前には摂取しないようにしましょう。

 

また、ワイルドヤムは過剰に摂取をすると肌が脂化を起こして吹き出物などの肌トラブルに繋がってしまう可能性があります。

さらには、女性ホルモンのバランスが崩れてしまうので、生理不順になったり不正出血を起こしてしまう可能性があります。

事実、ジュエルアップには悪評があるとも言われています。

 

ジュエルアップは6つのフリー

ジュエルアップは6つの無添加に拘っているため安全性が高くなっています。

  1. 合成着色料
  2. 保存料
  3. 香料
  4. 防腐剤
  5. 酸化防止剤
  6. 殺菌剤

これらの6つの体の刺激となる成分が一切含まれていません。

なので、安心して飲めるようになっています。

 

もちろん、成分だけでなく、製造方法にも拘っていてGMP認定工場で国内生産がされています。

そのため、安心できる成分を安全な工場で生産しているからこそ、ジュエルアップは心配することなく口に含むことができます。

 

ジュエルアップは健康被害があるって本当?

続いて、ジュエルアップの健康被害についてですが、妊娠中の女性は摂取に気をつける必要があります。

というのも、ブラックコホシュは陣痛誘発剤として使われているので、妊娠中にジュエルアップを飲んでしまうと、何が起こってしまうのかわかりません。

 

また、ブラックジンジャーにはミネラル分が多く含まれていて、中でも鉄分には注意が必要です。

鉄分は過剰に摂取してしまうと肝臓に悪いですし、また便が黒くなったり硬くなるなどの健康被害が出てしまう可能性があります。

 

妊娠中を覗き、普通に摂取をしている分には健康被害が出ることは殆どありません。

こういった健康被害が出てしまうのは、過剰に摂取した場合のみとなっています。

 

そのため、ジュエルアップを飲むときには1日の服用量を守るようにしましょう。

 

↓ジュエルアップ公式サイトはこちら↓

ジュエルアップの成分から見る副作用や健康被害のまとめ

今回はジュエルアップの成分から見る副作用や健康被害についてお伝えしました。

ジュエルアップはサプリとなっていますし、使われている成分は天然由来のものとなっているので、基本的には副作用の心配をする必要はありません。

 

ただし、眠気の副作用が出てしまう可能性があるので、長時間の運転前などは摂取を控えるようにすると事故を防ぐことができます。

また、ブラックコホシュには陣痛誘発剤としても使われているので、妊娠中の女性は万全を期すためにも摂取は控えるようにしましょう。

 

1日の摂取量を守りながら、服用を続けて理想の体に近づいてくださいね!

↓ジュエルアップ公式サイトはこちら↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です