バストアップは一週間で可能?そのためにはどうしたらいいの?

バストアップは一週間で可能?そのためにはどうしたらいいの?

『できるだけ短期間でバストアップしたい、一週間でできる方法はないの!?』と思っている人がいるのではないでしょうか。

バストアップをするには時間が必要といわれていますが、大事な日まで残り時間が少ないことってありますよね。

 

そこで今回はバストアップを一週間で成功させることが可能なのかをお伝えすると共にどんな方法で取り組んだら良いのかについてお伝えしていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

バストアップは一週間で可能?

バストアップは一週間で可能かどうか。

結論からいうと、可能です。

とはいえ、AカップからEカップのように、大幅なバストアップは難しいですが、少しのバストアップなら可能です。

 

今現在、あなたのバストが小さくて『貧乳なのは生まれつき』と思っている人がいると思います。

しかしそれは勘違いで、今バストサイズが小さいのは、これまでの生活習慣に原因があったり、的確な方法を知らなかっただけです。

 

正しい方法を知って、バストアップに取り組んでいくことでバストアップは期待できます。

特に、AカップやBカップなどの場合はまだまだ伸び代がある可能性がありますので諦めずに取り組んでいきましょう。

 

とはいえ、バストアップを一週間という短い時間で成功させるためには1つの方法ではなく、複数の方法を組み合わせることが大切です。

次に紹介していくバストアップ方法を1つずつ試していくのではなく、可能なら全部取り組んでいくことをおすすめします。

 

バストアップを一週間で成功させる方法とは?

バストアップ方法①バストマッサージ

バストアップをするためにはバスト周辺の血流リンパの流れを良くする必要があります。

そのために有効となるのがバストマッサージです。

バストアップマッサージのポイントとやり方をご紹介していきます。

 

二の腕

二の腕に付いている脂肪を胸に流してあげるようにマッサージをする方法となります。

二の腕の脂肪を流すことができたら、二の腕スッキリとバストアップの両立ができるので、一石二鳥となります。

 

特に、脇にはリンパが流れているので、しっかりとほぐすとよいです。

やり方はまず、片側の二の腕に逆手を添えて、親指以外の4本指の付け根を二の腕に当てます。

二の腕⇨脇⇨デコルテの順番になるように脂肪を流すよう手を移動させます。

左右10回ずつ流していきましょう。

 

背中

続いて、背中側の脂肪を胸に持ってくきます。

右手を左脇の後ろ側へ手を伸ばします。

そして、脇の後ろ側からデコルテへと脂肪を流します。

こちらも左右10回ずつ行なってください。

この時も脇のリンパをほぐしてあげるようにしましょう。

 

バスト

バスト周辺の脂肪を下から上へかき集めるようにもみあげます。

左右10回ずつ行います。

この時の注意点ですが、あくまでバスト”周辺”ということ。

バストを直接マッサージしてしまうと形が崩れるなどのトラブルに繋がってしまうので要注意です。

 

続いて、バストの上下を手のひらで優しく包んで、下から首へ向かって両手で包み込んだまま、上下に揺らします。

10回揺らしたら反対側も同様に行なってください。

 

ツボ押し

バストアップに効果的とされているツボが”神封”です。

ツボの場所は胸の谷間からバストトップの間となります。

親指の腹をあてて、3秒ほど押します。

この時、痛く無い程度に押しましょう。

回数は10回を目安にするのが良いでしょう。

 

仕上げ

バストを持ち上げ、大きく円を描くように脇の方からデコルテの方へリンパを流してあげます。

左右10回を目安に行なってください。

 

動画で確認

これまでのバストアップマッサージを動画で確認できます。

特にツボ押しの場所は動画で参考にするのが良いでしょう。

面倒に感じるかもしれませんが、バストアップを一週間で成功させるならば、バストマッサージを毎日行うのが良いでしょう。

オススメのタイミングがお風呂上りです。

お風呂上りは体が温まっているので、血液やリンパの流れが良くなっているのでよりマッサージ効果が高まりやすくなっています。

 

バストアップ方法②食事を見直す

バストアップをするためには一週間の食事も見直してみましょう。

体は自分が食べたもので作られているので、あなたが食べるものによって、バストアップするしないが決まってしまいます。

そのため、バストアップを促す栄養素を摂取することが重要です。

 

ビタミンE

ビタミンEはアンチエイジングでも注目を集めている栄養素ですが、バストアップにおいても重要な栄養素となっています。

バストアップには女性ホルモンが欠かせませんが、女性ホルモンを活性化してくれるのがビタミンEとなります。

 

ビタミンEを多く含む食品は以下となります。

  • アボカド
  • アーモンド
  • オリーブオイル

これらの食品に多く含まれています。

 

タンパク質

タンパク質は体に一番重要な栄養素となっていて、体の組織はすべてタンパク質から作られています。

そして、女性ホルモンの元となるのもタンパク質なのです。

つまり、タンパク質が不足してしまうとバストアップに欠かせない女性ホルモンを作ることができなくなってしまうのです。

 

また、バストの土台となっているのは大胸筋と呼ばれる胸の筋肉ですが、タンパク質の摂取量が不足すると大胸筋が衰えてしまい、バストを支えることができずに、バストの垂れ下がりに繋がります。

  • 大豆

これらの食品にタンパク質が多く含まれているので、毎日の食事には必ず取り入れるようにしましょう。

 

糖質

炭水化物に多く含まれている糖質。

体のエネルギー源となるため、常に補充をしておく必要があります。

また、糖質を摂取することで、体脂肪が分解されるのを防げます。

 

バストは体脂肪で構成されているため、体脂肪を分解させないことがバストアップにおいては重要なので、糖質は摂取しておくことが大切です。

しかし、過度な糖質の摂取は肥満の原因となるので量をうまく調整しましょう。

  • パン
  • 芋類

こららの食品に糖質が多く含まれています。

 

大豆イソフラボン

大豆イソフラボンは摂取すると様々なメリットがあります。

その中に、血液のサラサラとバストアップ効果が含まれています。

血液がサラサラになることでバスト周辺の血流が良くなるので、女性ホルモンをはじめとしたバストアップに必要な成分が届きやすくなります。

 

また、大豆イソフラボンは女性ホルモンの一種であるエストロゲンと似た働きをする栄養素となっています。

エストロゲンの働きはバストの乳腺を発達させることにあります。

バストは脂肪と乳腺によって構成されており、乳腺の周りに脂肪がつくため、乳腺が発達するとそれだけバストに脂肪がつきやすくなるのです。

 

大豆イソフラボンを含んでいるのは大豆製品となっています。

  • 豆乳
  • 豆腐
  • 納豆
  • 味噌汁

こういったものに多く含まれているので、毎日の食事に取り入れてみてください。

 

脂質

バストアップのためには脂質も重要となります。

『脂質を摂取することで脂肪がつくから。』

という単純な理由ではありません。

 

脂質はホルモン分泌と密接な関係があり摂取することで、女性ホルモンの分泌量が増えるからなのです。

また、脂質は脂溶性ビタミンの吸収にも関係しているので、栄養素を体に吸収させるためにもしっかりと摂取しておきましょう。

 

脂質なら何でも良いわけではなく、肉の脂肪やサラダ油は控えるようにしましょう。

魚に含まれている脂質や、オリーブオイルやナッツなど不飽和脂肪酸を多く含んでいる脂質を選ぶことで、バストアップだけでなく、健康にも良い効果が期待できます。

 

ボロン

ボロンはエストロゲンの分泌を促してくれる栄養素となっており、バストアップサプリの多くはボロンを含んでいます。

イメージでいうならば、プエラリアやイソフラボンの様な働きをします。

 

ボロンを多く含んでいるのは以下の食品となっています。

  • キャベツ
  • ブロッコリー
  • ナッツ類
  • りんご

『バストアップにはキャベツが良い』と聞いたことがあると思いますが、それはボロンを含んでいるからです。

しかし、キャベツから十分なボロンを摂取する場合は1日1玉食べる必要があります。

 

そのため、キャベツだけを食べるのではなく、ブロッコリーやナッツなども組み合わせるようにしましょう!

 

バストアップ方法③生活習慣

生活習慣もバストアップを一週間で成功させるために重要な要素となっています。

普段の生活習慣で気をつけるべきことをお伝えします。

 

体を冷やさない

体を冷やしてしまうと、体の機能が低下してしまい血流の流れが悪くなってしまいます。

そうなると、バストアップに必要な成分が胸に届かなくなってしまいますし、そもそもホルモンの分泌量が低下してしまいます。

 

冷たい飲み物を飲まない、クーラーに当たりすぎないようにしましょう。

そして、毎日しっかりと湯船に浸かって体を芯から温めてあげることが大切です。

 

体を芯から温めるためには、ぬるま湯に15分ほど浸かるようにします。

ちなみに、熱いお湯に短時間浸かっても体が温まるような感じがしますが、それは表面が温まっているだけで、体の芯から温まっているわけではありません。

 

また、ジャンクフードを食べると栄養バランスが偏ってしまい、代謝の低下を招く原因となりますので、可能な限り食べないように気をつけましょう。

 

睡眠

もっとも重要となるのが睡眠です。

人は寝ている間に体のメンテナンスが行われるようになっており、睡眠中にのみ女性ホルモンが分泌されるようになっています。

 

つまり、睡眠がしっかりと取れていないと女性ホルモンが分泌されなくなってしまい、バストアップが期待できなくなります。

『仕事が忙しくて、睡眠時間が確保できない!』と心配になっている人がいると思います。

実は、睡眠は時間よりも質が大切になってきます。

そのため、いかに睡眠の質を高めるのかが重要となります。

 

質を高める方法として、カフェイン類を摂取しないことや寝る直前に強い光(スマホやパソコン、コンビニ店内の照明など)に当たらないようにしましょう。

 

その他、毎日寝る時間と起きる時間を一定に整えたり、マットレスや枕を自分の体に合ったものに変える。

枕とマットレスは睡眠の質に大きく影響しているので、少しでも良いものを整えておくことをおすすめします。

 

喫煙・飲酒

喫煙と飲酒はバストアップの大敵となっています。

タバコに含まれているニコチンは女性ホルモンの分泌を阻害してしまう成分となっているので、喫煙をすると他のバストアップ方法を試していても水の泡となってしまいます。

 

そして、飲酒。

適度な量であれば、血行促進などの良い効果があると言われていますが、飲みすぎは逆効果となります。

 

アルコールを分解するために肝臓が使われますが、肝臓は体内の古くなった女性ホルモンを分解する働きもあるのです。

そのため、アルコールを分解するために働いてしまうと古い女性ホルモンが分解されず体内に残ってしまいます。

 

古い女性ホルモンが体内に残っていると、新しい女性ホルモンが作られなくなります。

古い女性ホルモンは働きが鈍いため、体内に残っていてもバストアップなどの効果が期待できません。

 

バストアップ方法④バストアップサプリ

バストアップを一週間で成功させるために欠かせないのが、バストアップサプリです。

バストアップサプリにはバストアップに必要な成分が多く含まれています。

しかも、含まれている成分は普段の食事からは摂取ができないようなものばかりとなっています。

 

バストアップの成分を摂取しても、体に吸収されなければ意味がないので成分が多く含まれていたら、良いのかというとそういうわけではありません。

ジュエルアップはバストアップサプリの中でも珍しく、睡眠をサポートする成分が含まれています。

 

睡眠をサポートする成分だけでなくバストアップ成分もしっかりと配合されているので、とても効果的なバストアップサプリとなっています。

普段の食事では補いきれないバストアップ成分が摂取できるので、一週間でバストアップを目指す場合はバストアップサプリの服用はマストとなります。

 

中でも、おすすめなのはジュエルアップです。

ジュエルアップはバストアップの効果がないと言われることがありますが、正しく飲んでいる人の多くはバストアップ効果を得ています、

 

バストアップを一週間で成功させる方法のまとめ

今回はバストアップを一週間で成功させる方法についてお伝えしました。

バストアップは一週間という短期間で成功するのは難しいと思われがちですが、的確にアプローチをしていくことで、可能となっています。

 

現状、バストサイズが小さい方でもこの記事に書いてある方法を実践していくことでしっかりとバストアップが可能となっているので、諦めずに取り組んでみてください。

また、一週間以上続けることで更なるバストアップが期待できるのでぜひ、継続してみてください。

 

ここで紹介した方法のうちどれか一つを試していくのではなく、全部に取り組む方がバストアップ効果が得やすくなっています。

バストアップが成功すれば、人生は今以上に明るいものとなるはずなので、途中で止めることなく実践してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です